静岡銀と名古屋銀、アライアンスファンド1号の投資実行 社外取派遣し伴走支援

2024.03.28 19:04
ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
静岡銀行と名古屋銀行は3月28日、「静岡・名古屋アライアンスファンド」第1号案件の投資を実行した。ファンド運営者は、静岡キャピタル、名古屋キャピタルパートナーズ。「めいぎん事業再生ファンド」を通して、メイク(愛知県)に合計3億2000万円を投資した。名古屋キャピタルパートナーズの近藤和社長は「4月をめどに社外取締役を派遣し、ハンズオン型の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
人事異動 名古屋銀行(2023年4月1日)
サーブラボ、会員行のDX支援に幅 業界底上げや先進行を後押し 賛助会員制度を本格化
人事異動 静岡銀行(2024年4月1日、5月1日)

関連キーワード

ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)