三菱UFJ銀、航空機燃料製造に社食の廃油提供 日揮などと提携

2024.03.27 20:48
SDGs 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
提携した(左から)三菱UFJ銀、レボインターナショナル、日揮ホールディングスの代表者(3月27日、三菱UFJ銀大阪ビル本館)
提携した(左から)三菱UFJ銀、レボインターナショナル、日揮ホールディングスの代表者(3月27日、三菱UFJ銀大阪ビル本館)
三菱UFJ銀行は3月27日、全国239カ所の支店・本部ビルの社員食堂で廃棄される食用油を持続可能な航空機燃料(SAF)製造への提供で基本合意したと発表した。提携したのは、SAFのサプライチェーンを構成する日揮ホールディングス(横浜市)とレボインターナショナル(京都市)、そのグループ会社。
SAFは化石燃料以外を原料とする持続可能な航空燃...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
銀行・信金、新卒採用が18%増の1万2000人台 コロナ前回復
役員人事 三菱UFJ銀行(2024年4月1日)
三菱UFJ銀、Luupの安全講習会 MUFG PARKで200人参加
試乗を交えてLuupの安全な乗り方を学ぶ参加者

関連キーワード

SDGs 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)