盛岡信金、会議用にタブレット導入

2021.10.23 13:00
システム
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
盛岡信用金庫(岩手県、浅沼晃理事長)は10月25日、本部事務のペーパーレス化と資料準備作業の削減、情報漏洩(ろうえい)対策の強化を狙いに、部長会や理事会などの本部会議用にタブレット端末20台を導入する。
タブレットの機種はマイクロソフト社のSurface Pro7。会議中にトラブルが生じた場合には事務部から遠隔操作もできる。10月25日...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

盛岡信金、給与は経費でなく投資 待遇改善が一段落
人事異動 盛岡信用金庫(4月1日)
盛岡信金、中学生に野球教室 野球部員12人が講師
JICA、社会貢献債が人気 ジェンダー平等に200億円

関連キーワード

システム

アクセスランキング

おすすめ