三菱UFJ銀、無記帳通帳を自動で廃止 ペーパーレス化加速

2024.03.19 18:58
預金 事務効率化
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三菱UFJ銀行はデジタルシフトへ向けたペーパーレス化を加速させる。9月11日から、過去2年間記帳されていない紙の通帳を自動で廃止する。通帳利用手数料が無料となる18歳未満の未成年や70歳以上の高齢者は対象外とした。


9月2日付で通帳に関する規定改定を実施する。利用停止の条件は「2年超、通帳記帳をされていないこと」および「キャッシュカードが発行されていること」。毎月末営業日を起点に計算し、最短で8月30日時点で条件を満たすと9~11月中に紙通帳を利用停止する。キャッシュカードでの取引など口座は通常通り利用可能。


同行は18歳未満もしくは70歳以上の個人顧客を除き、2022年4月1日以降に新規開設された普通預金口座の紙通帳に年間550円(税込み)の利用手数料を徴収している。一方で、ネット用の「Eco通帳」は照合可能期間の延長やATM・振込手数料の無料化などの特典付与で利便性を高め、デジタルへの切り替えを促す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三菱UFJ銀、北九州・長崎・久留米支店で昼休業導入 9月から
【3メガG インドへ熱視線】(中) 現地企業取引に伸びしろ
三菱UFJ銀、法人向けIBに障害で一時ログインできず 夜には復旧
MUIC、高齢障害者86%が大阪・関西万博「行きたい」 意向調査
記者会見で高齢障害者の声を紹介するMUIC(6月28日、関西イノベーションセンター会議室)

関連キーワード

預金 事務効率化

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)