宮崎銀、保証申し込みを電子化 API方式を採用

2024.03.18 18:30
事務効率化 システム 信保協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

宮崎銀行は3月18日、宮崎・鹿児島両県の信用保証協会との信用保証申し込み手続きを電子化した。申込データの送受信には、九州地区地方銀行では初となるAPI方式を採用した。


対象店舗は本店営業部、都城営業部、延岡営業部、鹿児島営業部で、今後順次拡大していく。法人と個人事業主は来店不要で保証申し込み手続きができるほか、案件の審査進捗状況も確認できるようにした。


システムベンダーは宮銀デジタルソリューションズ。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

7月24日(水)ニュースリリース PICK UP
九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
地域銀、採用に「デジタル広報」 ツールの使い分け進む
宮崎銀、住宅融資ウェブ受付 契約締結まで電子化

関連キーワード

事務効率化 システム 信保協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)