日本生命、メンタルヘルスで新手法開発 職場環境と成果の相関予測

2024.03.18 16:39
働き方
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
日本生命保険は3月18日、企業・団体向けのストレスチェックにおいて、新たなアルゴリズムを活用し職場環境と生産性などアウトカム(成果)の相関分析を可能とするサービスを開発したと発表した。
開発にあたって、2022年6月から東大大学院医学系研究科の川上憲人特任教授と共同研究を実施。24年度中の提供へ向け、3月25日から案内を開始する。
サ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

生保5社総代会、運用DX進捗を報告 配当還元に関心高まる
総代会の議事を進行する高田幸徳・住友生命社長(7月2日)
警視庁、日本生命元職員を逮捕 巨人選手の情報投稿、威力業務妨害疑い
日本生命、業務委託先から個人情報漏えい 1団体11人分
日本生命Gの少短、企業の健康経営を支援 精密検査費用を団保で補償

関連キーワード

働き方

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)