首都圏信金・信組の24年問題対策(上) 物流業の人手不足 深刻

2024.03.16 04:40
コンサル 人材紹介 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
城南信金支店長と相談する北洋エキスプレスの伊藤明美社長(左、3月7日、東京都大田区羽田の同社本社)
城南信金支店長と相談する北洋エキスプレスの伊藤明美社長(左、3月7日、東京都大田区羽田の同社本社)
4月1日から、トラック運転手の時間外労働が年間960時間に制限される。物流業界では電子商取引(EC)市場の活発化などで、輸送需要が高まる一方で、規制による売り上げ減少や人手不足などの課題を抱える。人件費・燃料費の高騰に対し、荷主に価格転嫁交渉できない中小・零細事業者は、廃業や倒産のリスクが高まる。こうした「2024年問題」を深刻に捉える首...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
神奈川県内8信金、横浜で合同商談会 5年ぶりに対面形式
商談会の様子(6月5日、大さん橋ホール)
信金の新NISA、46万口座超 トップは京都中央【独自調査】
城南信金、ポスコロ事業を本格化 伴走支援へ2500先選定

関連キーワード

コンサル 人材紹介 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)