滋賀銀草津西支店、富裕層に最適プラン提案 “資産棚卸し”促す

2024.03.12 04:40
手数料 営業・店頭体制 相続
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
情報交換や勉強会を随時行っている(2月28日、滋賀銀草津西支店)
情報交換や勉強会を随時行っている(2月28日、滋賀銀草津西支店)
滋賀銀行草津西支店(古藤裕樹支店長=行員32人うち渉外9人。パート8人)は、顧客の課題解決を起点とした営業で業績を上げている。富裕層が多いエリアで顧客に適した資産形成から資産承継のプランを提案することで、取引深耕を図っている。
同支店エリアの富裕層は高齢化が進んでいることから、資産承継に着目。遺言信託や預かり資産などを推進する担当者が3...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

滋賀銀、3月期純利益7%増の159億円 貸出利息増える
決算概況を説明する久保田真也頭取(5月10日、日本銀行大阪支店・関西金融記者クラブ)
人事異動 滋賀銀行(2024年5月1日)
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
人事異動 滋賀銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

手数料 営業・店頭体制 相続

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)