十六FG、大卒初任給3万円引き上げ 26万円に

2024.03.08 18:54
採用 給与
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

十六フィナンシャルグループ(FG)は、大学・大学院卒の初任給を2024年7月から引き上げる。多様な人材を確保し、顧客や地域の成長につなげるのが狙い。


3月8日に発表した。引き上げ額は3万円で、初任給は26万円となる。入社2年目以降の社員についても、初任給をベースに消費者物価指数や十六銀行従業員組合との交渉を考慮し、段階的に引き上げる予定。


なお、24年度の新卒採用者数は126人を予定し、25年度はこれを上回る150人を計画している。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

十六FG、24年3月純利益3.6%増の193億円 資金利益増と与信費用減が寄与
会見では池田社長(左)と児玉英司常務執行役員が23年度の各実績について説明した(5月9日)
十六FG、BCP提案強化へ 新興企業と事業提携
会見で手を組む(左から)十六リースの白木社長、YADOKARIの上杉勢太社長、NOBUNAGAキャピタルビレッジの峠清孝社長(5月1日、NOBUNAGAキャピタルビレッジ)
十六FG、人材紹介が成約年100件超 「支援意識醸成」の施策奏功
りそなHDと十六FG、リテール強化へ業務提携 3分野でシナジー発揮
協定を締結した池田社長(左)と南社長(2月7日、十六銀名古屋ビル)

関連キーワード

採用 給与

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)