千葉信金、奨学金返済支援と入学祝金制度新設 若手の負担減と人材確保狙い

2024.03.07 05:28
ES 給与 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
千葉信用金庫(千葉市、宮澤英男理事長)は、4月に奨学金返済サポート制度と入学祝金制度を開始する。従業員満足度の向上や新卒職員の確保などが狙い。
奨学金返済制度は入庫7年以下の正職員が対象。昇給がある入庫7年目まで毎年上限12万円を一括支給し、返済不要とした。毎年の返済額が上限より少ない場合は、その金額が支給される。利用には日本学生支援機...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

千葉信金、取引先が食の世界大会出場、袖ケ浦市長に報告
とうもろこしアイスを紹介する齋藤社長(中央)、アイスを試食する保科専務(左)と粕谷市長(右、5月1日、袖ケ浦市役所)
千葉信金、「メロンピクルス」商品化 君津商高の部活動支援
千葉信金主催のマルシェで子メロンのピクルスを紹介する君津商高の生徒と信金職員(3月30日、千葉県市原市)
首都圏信金、入庫式を開催 〝金利ある世界〟強調
決意表明をする川崎信金新入職員の松永彩花さん(先頭、川崎市川崎区の川崎信金本部ビル)
千葉信金、五井駅でマルシェ 地元特産品を販売
マルシェでは輪投げなど子供向けのゲームも催した(3月30日、小湊鐵道五井駅)

関連キーワード

ES 給与 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)