大手生損保、24年度にTNFD開示へ 投融資との対話も視野

2024.03.07 04:30
ESG 情報開示 気候変動対応
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手生損保グループは自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)への対応を急ぐ。TNFDは2023年9月、情報開示フレームワークの最終提言を公開。それを受け、各社は24年度にレポート発行などの形で情報開示を目指す。国内有数の機関投資家である大手生保は、投融資先とのエンゲージメント(対話)による働きかけが注目されている。
日本生命保険グ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手生保4G、一時払い終身の窓販好調 収保は2年連続2兆円超
明治安田生命、ダイバーシティ・フォーラム開催 DE&Iの浸透へ
訓示を行う永島社長(6月13日、明治安田生命新東陽町ビル)
日本生命、移行金融の実践要領策定 電力・鉄鋼対象に定量評価
SOMPOHD、RIZAPに持ち分法適用 グループ株4.87%取得

関連キーワード

ESG 情報開示 気候変動対応

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)