信金、デザイン力で開発支援 ブランド構築し販路拡大

2024.03.06 04:35
広報・宣伝 販路拡大支援 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東京東信金取引先にレクチャーする金谷勉代表取締役(右、2月28日、東京都)
東京東信金取引先にレクチャーする金谷勉代表取締役(右、2月28日、東京都)
信用金庫で、企業のブランド構築を見据えて取引先の新商品開発を支援する重要性が高まっている。中小企業が積み上げた歴史や技術をPRして独自性を出すことが、販路拡大につながるためだ。先行する東京東信用金庫(東京都)は、デザインの力で企業価値向上を目指す「デザイン経営」の視点から取引先をサポートする取り組みを展開する。
近年は人口減少を背景に、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東京東信金、金融DXの推進を加速 作業部会を立ち上げ
金融DXの推進を加速させる東京東信金(6月17日、両国本部)
役員人事 東京東信用金庫(2024年6月25日)
【本紙調査】首都圏信金、広がる中途採用 前職の経験生かし活躍
城西大学の学生に自身の経験を踏まえてアドバイスする元高校教諭で飯能信金の宮島主任(右、6月13日、城西大坂戸キャンパス)
播州信金、理事長に和田専務 27年ぶりトップ交代

関連キーワード

広報・宣伝 販路拡大支援 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)