武蔵野銀、自治体・業者と空き家対策 「解体・利活用」の円滑化へ 相続相談も念頭に3者協定

2024.03.04 04:40
提携・連携 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
日曜日、6時間にわたり開かれた相談会。高齢者らが来場した(2月25日、武蔵野銀本店)
日曜日、6時間にわたり開かれた相談会。高齢者らが来場した(2月25日、武蔵野銀本店)
「空き家問題」の解消や発生の抑制に向け、武蔵野銀行は、地元・埼玉県内自治体などとの連携を拡大している。1月までに、4市とそれぞれ協定を締結。空き家の管理や対策セミナー、工事業者の把握・登録、解体や利活用の費用算定、融資などへの一貫した対応を目指し、こうした枠組みを、他の自治体にも広げていく考えだ。
総務省統計局が5年ごとに実施する「住宅...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 武蔵野銀行(2024年4月1日)
武蔵野銀、「健幸」視点の都市づくり推進 筑波大など産学15機関で連携
参加機関の代表者や幹部、研究員らが出席した設立発表会見(3月19日、東京都文京区の式場「嘉ノ雅茗溪館〈かのびめいけいかん〉」)
武蔵野銀、男子プロバスケ冠試合 来場者特典で盛り上げ
始球式にあたる「シューティング・セレモニー」でフリースローを決める長堀頭取(右、埼玉県越谷市の越谷市立総合体育館)
武蔵野銀、ベア6% 初任給もアップ 

関連キーワード

提携・連携 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)