十六銀、地銀上位の投信積立額 FA400人体制で推進

2024.03.01 14:05
投信 事務効率化 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
営業店で顧客に投信積立を提案する新任FA(十六銀提供)
営業店で顧客に投信積立を提案する新任FA(十六銀提供)
十六銀行は、積み立て投資信託を積極推進。月間振替額は2019年度末の約1億円から、23年12月末には地域銀行トップクラスの11億9100万円になった。約400人のファイナンシャルアドバイザー(FA)による推進で顧客の資産形成や手数料収益増加を後押しするなど軌道に乗っている。
コロナ禍で顧客の収入が不安定化したため、安定的に資産を形成する...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域金融機関で提携拡大、非対面型ファクタリング業者と 小規模企業の利用増
十六銀、グループ力で古民家再生 美濃市の事業、内閣府から賞
(左から)商家の金庫蔵を改装した部屋を見学する、みのまちやの平山さん、十六銀地域創生部の土井宏樹さん、武藤明さん(5月22日、美濃市)
役員人事 十六銀行(2024年6月20日)
十六FG、24年3月純利益3.6%増の193億円 資金利益増と与信費用減が寄与
会見では池田社長(左)と児玉英司常務執行役員が23年度の各実績について説明した(5月9日)

関連キーワード

投信 事務効率化 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)