再生への道(中)  課題解決へ対話深める 重み増す外部連携

2024.03.01 04:40
新型コロナ 信保協 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
築100年超の蔵を改装して開業したビアホール(2月11日、広島信金提供)
築100年超の蔵を改装して開業したビアホール(2月11日、広島信金提供)
コロナ禍からの再生途上で深刻化する人手不足や資源価格高騰。事業者の課題解決へ伴走支援が急がれる。
売り上げが落ちていればビジネスマッチング、キャッシュ不足ならコロナ借り換え保証を提案――。北洋銀行は、財務内容から仮説を立て対応策を提示する。自社の課題を率直に言わない経営者が多いためで「仮説が外れていても対話の糸口になる」。
大光銀行は...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

〝プレミア〟収益30億円増へ 武市・みなと銀社長
武市寿一・みなと銀社長
北洋銀、スタートアップ専用融資 ミドル・レイター期対象に初年度5億円
羽ばたく新人へ私の仕事秘話(10)企業〝理解〟を地域の発展へ 北洋銀栄町支店融資課・調査役 末永耕平 さん
若手職員からの相談事について「発言することがまずは大事。聞き方やタイミングを気にせず、気軽に声をかけてほしい」と話す末永さん(5月15日)
私のターニングポイント (10)広島信金理事長・川上武氏(下)
引退に寄り添った元社長の手紙を大事に読み返す川上武氏(4月12日、広島信金本店理事長室)

関連キーワード

新型コロナ 信保協 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)