地域銀、店舗戦略 二極化へ 「金利ある世界」で見直しも

2024.02.23 04:53
店舗 金利 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地域銀行の店舗戦略が今後、二極化しそうだ。「店舗内店舗方式」による統合を一段と進める従来路線の一方で、既存店舗の機能を見直したうえで維持する動きがある。専門家は「来店客減少とデジタル化は今後も進行するため、店舗統廃合の流れが急に止まることはない」とみる。「金利ある世界」が到来すれば、店舗戦略に変更が生じるとの見方も出てきている。
「月刊...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

佐賀共栄銀若宮支店、「信頼」武器に融資伸長 同一目標やペア制を導入
建設中のオーベルジュの前で話す大曲社長(左から3人目)と浦壁支店長(右)、同社を担当する若宮支店の古賀夢花さん(左から2人目、6月20日、十可苑)
地銀6行、女性監査部員による初の情報交換会
現在の監査部でいかされているキャリアなどを紹介(7月12日、八十二銀行研修所)
私のターニングポイント (14)滑川雄介・東京スター銀行池袋支店支店長(下)
部下とのミーティングに臨む滑川雄介支店長(中央、東京スター銀行池袋支店)
銀行界、女性管理職比率16.3% 定義厳格化で足踏み

関連キーワード

店舗 金利 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)