地域銀、店舗戦略 二極化へ 「金利ある世界」で見直しも

2024.02.23 04:53
店舗 金利 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地域銀行の店舗戦略が今後、二極化しそうだ。「店舗内店舗方式」による統合を一段と進める従来路線の一方で、既存店舗の機能を見直したうえで維持する動きがある。専門家は「来店客減少とデジタル化は今後も進行するため、店舗統廃合の流れが急に止まることはない」とみる。「金利ある世界」が到来すれば、店舗戦略に変更が生じるとの見方も出てきている。
「月刊...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

主要金融機関の24年度採用実績 2年連続増、1万2539人 106機関が23年度上回る
4月1日に開催した福岡銀の入行式
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
佐賀共栄銀、税金など新規口振で特典 1税目ごとに500円
役員人事 東京スター銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

店舗 金利 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)