大手生保、人的資本でエンゲージメント 経営戦略に応じ投資先と対話

2024.02.16 14:09
情報開示 経営計画・戦略 人的資本
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手生命保険4社は、株主・投資家としての立場から、中長期的な企業価値向上に向けたエンゲージメント(対話)を行っている。2023年度(23年7月~24年6月、総代会などの関係で通常の年度と異なる)では、23年3月期から有価証券報告書で開示が義務化付けられた人的資本について、経営戦略と合わせて対話する取り組みが目立つ。地域銀行に対しては、業種...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本生命、インドに地域統括拠点開設
日本生命、米ドル建て劣後債発行 利回り差縮小で約2000億円調達
役員人事 明治安田生命保険(2024年3月31日、4月1日)
日本生命、一時保育の紹介を事業化 社内起業プロジェクトが始動

関連キーワード

情報開示 経営計画・戦略 人的資本

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)