みずほ銀、インドのリテール参入 ノンバンクに210億円出資

2024.02.13 19:13
海外戦略 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
みずほ銀行は2月13日、2023年度中にクレディセゾンのインド子会社「キセツ・セゾン・ファイナンス・インディア」に最大120億インドルピー(210億円)を出資すると発表した。デジタルレンディングに強みを持つ同社を取り込み、経済成長の著しいインドのリテール市場に参入する。
新株発行を引き受け、持ち分は約15%となる。同行から取締役1人を派...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 みずほ銀行(2024年4月1日)
みずほ銀とリバネス、スタートアップ支援で連携 新興の海外挑戦支える
(左から)立会人の出雲充・ユーグレナ社長、リバネスの丸グループCEO、みずほ銀の金田執行役員、立会人の小橋正次郎・KOBASHI HOLDINGS社長(4月12日、大田区産業プラザPiO)
みずほ銀、僚店間で事務業務融通 繁閑差利用し人手不足補う
みずほ銀とみずほ証券、M&A助言会社に出資 日本経営システムと協業

関連キーワード

海外戦略 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)