メガバンク、海外利ざや拡大継続へ 低採算資産の削減一段と

2024.02.16 04:45
貸出・ローン 金利 海外戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
メガバンクは、海外の貸出金利ざや拡大を進めている。米国などの政策金利引き上げが追い風になり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は2023年度第3四半期に1.39%と前年同期比0.24ポイント上昇したほか、みずほFGは0.02ポイント増の1.04%、三井住友FGも1.2%前後まで高めた。今後は海外の利下げも見込まれるなか、各行と...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 三井住友フィナンシャルグループ(2024年3月31日、4月1日、6月1日・27日)
三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
サステナ金融の拡充へ 吉原・みずほリサーチ&テクノロジーズ社長
環境NGO3団体、3メガGに環境提案 取締役会の監督能力問う

関連キーワード

貸出・ローン 金利 海外戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)