武蔵野銀など、子どもの仕事体験実施 親子500人参加

2024.02.13 07:40
イベント 金融教育
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
武蔵野銀行のブースで模擬紙幣での札勘にチャレンジする子供たち(2月10日、毎日興業アリーナ久喜、武蔵野銀行提供)
武蔵野銀のブースで札勘にチャレンジする子供(2月10日、毎日興業アリーナ久喜、武蔵野銀提供)

武蔵野銀行は2月10日、埼玉県久喜市の毎日興業アリーナ久喜で初開催された「こどもシゴト博2024in久喜」に、明治安田生命保険、久喜市、地元プロサッカーチーム大宮アルディージャなどと体験型ワークショップのブースを出展。親子約500人が各ブースで仕事体験をした。


武蔵野銀のブースでは約150人の親子が参加。安田和彦久喜支店長ら行員8人が対応。子供たちは、模擬紙幣による札勘や1億円分の札束の持ち上げ、銀行やお金のクイズなどを体験し、地域経済を支える銀行の存在や役割などを学んだ。石川一輝営業課チーフは「『将来は銀行員だね』という親子の会話がうれしかった」と話した。


こどもシゴト博は、子供たちが将来の職業選択や夢を描くきっかけ作りを目的に開催。地域を支える企業などで働く大人が、仕事体験の機会を提供する場として実施。白バイの乗車体験や保健師・学校給食栄養士の仕事体験などが行われた。また、プロサッカーチームのユニフォームを着ての写真撮影なども実施された。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

武蔵野銀、男子プロバスケ冠試合 来場者特典で盛り上げ
始球式にあたる「シューティング・セレモニー」でフリースローを決める長堀頭取(右、埼玉県越谷市の越谷市立総合体育館)
武蔵野銀、凧づくりと「お金」を学ぶ 小学生ら20人が伝統体験
完成したミニ凧を披露する子どもたち(3月2日、埼玉県春日部市の武蔵野銀春日部支店)
武蔵野銀、自治体・業者と空き家対策 「解体・利活用」の円滑化へ 相続相談も念頭に3者協定
日曜日、6時間にわたり開かれた相談会。高齢者らが来場した(2月25日、武蔵野銀本店)
武蔵野銀、ベア6% 初任給もアップ 

関連キーワード

イベント 金融教育

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)