【能登半島地震1カ月】「いっしょにがんばろう」 田代・興能信金理事長

2024.02.10 04:45
インタビュー 防災・復興
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
1月1日の能登半島地震発生から約1カ月、大きな被害を受けた奥能登地域の能登町に本店を置く興能信用金庫。田代克弘理事長(61)は、被災した取引先の支援は信金の役割と話した。
――地震発生時は。
「自宅のソファでウトウトしていたときに、これまで経験したことがない大きな揺れが来た。自分は何をすればよいのか。いろいろな言葉が頭に浮かんだが、最...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

興能信金、震災から半年で全店営業に 中島支店が移転開店
能登半島地震から4カ月、事業再開支援が本格化 復旧・復興フェーズへ
塩田村の状況を説明する石田社長(左から3人目)と中野支店長(同4人目、4月19日、奥能登塩田村)
興能信金、営業店の8割に昼休業 復興局面で負担軽減
中企庁、能登地震被災企業へ相談センター 二重債務防ぎ再建を支援
開所式であいさつする須藤長官(4月2日、七尾商工会議所)

関連キーワード

インタビュー 防災・復興

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)