【能登半島地震1カ月】「いっしょにがんばろう」 田代・興能信金理事長

2024.02.10 04:45
インタビュー 防災・復興
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
1月1日の能登半島地震発生から約1カ月、大きな被害を受けた奥能登地域の能登町に本店を置く興能信用金庫。田代克弘理事長(61)は、被災した取引先の支援は信金の役割と話した。
――地震発生時は。
「自宅のソファでウトウトしていたときに、これまで経験したことがない大きな揺れが来た。自分は何をすればよいのか。いろいろな言葉が頭に浮かんだが、最...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【能登半島地震1カ月】店舗再開の動き広がる 時短や応援要員で対応
被災者からの相談に応じる北陸銀の行員(中央)と、寺西支店長(右、1月30日、輪島支店)
興能信金、移動店舗車を派遣 能登半島地震で支店休業の穴水町へ
1月18日から穴水町の職員寮駐車場で営業を開始した移動店舗車(興能信金提供)
【現地ルポ】能登半島地震、穴水町の金融機関へ行く
穴水郵便局の前を流れる川の一部が崩れていた(1月6日、穴水町)
被災者支援始まる 預金の便宜払いや優遇金利融資など 能登半島地震
家屋の倒壊が多数発生した(1月3日、能登町)

関連キーワード

インタビュー 防災・復興

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)