【能登半島地震1カ月】店舗再開の動き広がる 時短や応援要員で対応

2024.02.10 04:50
防災・復興
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
被災者からの相談に応じる北陸銀の行員(中央)と、寺西支店長(右、1月30日、輪島支店)
被災者からの相談に応じる北陸銀の行員(中央)と、寺西支店長(右、1月30日、輪島支店)
1月1日の能登半島地震発生から約1カ月が過ぎた。被害の大きかった石川県の奥能登地域(輪島市・珠洲市・穴水町・能登町)に店舗を構える地域金融機関は、職員や顧客の安全確保を優先しながら営業を再開し始めている。避難生活を続ける職員もいるほか、ほぼ全域で断水が続く。厳しい状況のなか、営業時間の短縮や本部・近隣店からの応援など、総力戦で金融機能の提...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北国銀と香川銀、ハンド選手が高松市から栄誉賞 国際大会で活躍
表彰状を手にする馬場選手(手前左から3人目)と岡田選手(同4人目、2月16日、高松市役所)
ほくほくFG、SX人材200人育成 「環境」学ぶメニュー充実
カードゲームを通じ、多くの社員がSDGsの知識を学んだ(1月19日、富山市内)
【能登半島地震1カ月】「いっしょにがんばろう」 田代・興能信金理事長
外貨保険の販売体制、地域銀の3割が見直し 比較推奨などルール化

関連キーワード

防災・復興

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)