筑邦銀、新頭取に鶴久常務が昇格へ トップ交代15年ぶり

2024.02.09 16:18
役員人事
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
記者会見に臨む(左から)鶴久氏と佐藤氏(2月9日、筑邦銀福岡営業部)
記者会見に臨む(左から)鶴久氏と佐藤氏(2月9日、筑邦銀福岡営業部)
筑邦銀行は2月9日、代表取締役頭取に鶴久博幸取締役常務執行役員(60)が昇格する人事を発表した。就任日は4月1日付で、トップ交代は15年ぶり。佐藤清一郎頭取(75)は、代表権を持つ会長に就任する。新たな経営体制のもとで、同行グループの企業価値向上を目指す。
2024年度から新たな中期経営計画が開始するほか、同行などが設立した「まちのわ」...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

筑邦銀、都内に「誰でもDC」拠点 関東で共同推進拡大へ
開所式でテープカットする(左から)DC推進機構の小川代表理事、SBIベネフィット・システムズの松井真治社長、筑邦銀の佐藤清一郎会長、中央日本土地建物グループの長谷川正行専務執行役員(5月29日、DC推進機構東京オフィス、筑邦銀提供)
人事異動 筑邦銀行(2024年6月26日)
役員人事 筑邦銀行(2024年6月26日)
顧客本位や現場力を大切に 鶴久・筑邦銀頭取 
筑邦銀行の鶴久頭取

関連キーワード

役員人事

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)