紀陽銀、チャットGPT試行 システム子会社もAI活用

2024.02.09 10:00
AI
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
IT戦略室の森本亜希主任(右奥)がWGメンバーに個別ヒアリングし、チャットGPTの活用策を深める(1月30日、紀陽銀本店)
IT戦略室の森本亜希主任(右奥)がWGメンバーに個別ヒアリングし、チャットGPTの活用策を深める(1月30日、紀陽銀本店)
紀陽銀行は、1~6月に本部で対話型人工知能(AI)「チャットGPT」の有償版を試行導入。システム子会社でプログラム開発ツールも試行している。業務効率化が狙い。ただ、チャットGPTの導入企業では「IDを持つ社員の1割も使っていないケースもあると聞いた」(吉田純也IT戦略室長)ため、まずは内部データと連携せずネット経由でソフトウェアを試行利用...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

紀陽銀、全事業融資先の温室ガス算定 外部サービスで対象24倍に
外貨保険の販売体制、地域銀の3割が見直し 比較推奨などルール化
紀陽銀東大阪支店 課題に寄り添う本業支援 コンサルメニュー示し議論
カムアクロスの今中社長(右)から製品や事業展開を聞く森田支店長(11月9日)
山形銀や紀陽銀など、ことら送金開始 全国で211先に

関連キーワード

AI

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)