福岡信金、中小企業家同友会と勉強会 相互理解深め連携強化

2024.02.08 19:44
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
グループワークで理解を深める参加者(2月8日、本店)
グループワークで理解を深める参加者(2月8日、本店)

福岡信用金庫(福岡市、安部文仁理事長)は2月8日、本店で福岡県中小企業家同友会と懇談会を開催した。同信金支店長や企業家同友会の会員など60人が参加。互いの取り組みを共有し、理解を深めた。


同会と同信金との個別開催は初めて。顔が見える関係を重視し、地区ごと12チームに班分けした。今回は、講演会とグループワークの2部構成。講演は、信金中央金庫地域・中小企業研究所の品田雄志主任研究員が「コロナ後の福岡の金融情勢や景気動向など」をテーマに講演。品田主任研究員は、「人材不足により、労働力も低下している。生産設備の増強や社内の生産効率を上げて補うことが必要」と強調した。


その他、同信金業務部の下川幹生部長とe-FltsLabの樅山英宗代表取締役が取り組み事例などを紹介。グループワークでは、支援施策や経営の悩みなどを共有した。


参加した丸屋(福岡県)の家迫崇史代表取締役社長は、「このような顔の見える関係を作ることが出来る機会を増やしていきたい」と話した。安部理事長は、「グループワークを通して良い繋がりができることを期待する」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

福岡信金薬院支店、問題意識を高め全員営業 異動先で活躍できる人材に
月に一度、職員全員と会議をして情報共有する(1月4日、薬院支店) 武石支店長
福岡信金、インターンシップに協力  取り組みの成果発表会
インターンシップの成果を発表する学生(12月15日、筑紫女学園大、同信金提供)
福岡信金、4年ぶり餅つき大会 内定者や大学生も参加
餅をつく(左から)野見山幸弘常務理事と安部理事長(12月9日、本店前)
福岡信金、本店で「福岡市の昭和」写真展
写真を見て懐かしむ来店客(12月7日、本店)

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)