大分みらい信金、県司法書士会と協定締結

2024.02.08 18:26
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
協定を締結した(左から)大分県司法書士会の松村哲也副会長と野田義一会長、大分みらい信金の森田理事長、嵩地秀雄専務(2月8日、本店ビル、提供写真)
協定を締結した(左から)大分県司法書士会の松村哲也副会長と野田義一会長、大分みらい信金の森田理事長、嵩地秀雄専務(2月8日、本店ビル、提供写真)

大分みらい信用金庫(大分県、森田展弘理事長)は2月8日、本店ビルで大分県司法書士会と顧客相談対応に関する協定を締結した。司法書士業務の相談を希望する顧客を同会に紹介し、利便性向上や課題解決につなげる。


具体的な連携事項は、①登記または供託の手続きに関する業務②裁判所もしくは検察庁に提出する書類作成に関する業務③簡易裁判所の訴訟代理権の認定を受けた司法書士に関しては簡易裁判所における訴訟代理業務――など。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 大分みらい信用金庫(2024年6月27日)
大分県信金協会、県庁で観光調査の説明会 県内誘客に活用
説明会では、調査結果を踏まえた情報・意見交換も行った(6月28日、大分県庁)
大分みらい信金、職員向け防犯研修 別府署員を講師に
職員は2人一組になって護身術を学んだ(6月12日、本店ビル2階、大分みらい信金提供)
南九州信金協、新会長に熊本中央の岡本氏

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)