金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論

2024.02.07 04:35
労組・従組 人事制度 給与
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融界では、2024年春闘の本格化前から賃上げを表明する動きが目立っている。横浜銀行は、24年度の人事制度改定により3.2%相当のベースアップを実施する方針で労使協議をスタートする。茨城県信用組合は24年度、定期昇給を含む約3.9%の賃上げを決めた。一方で、労働組合は3%前後のベア獲得に向けた議論も進んでいる。

大手企業の春闘は2月...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、来春新卒選考で〝脱・定番化〟 横浜は特別枠、南都「友人紹介」
横浜銀、金融教育の取り組み強化 ツールなど整備・開発
銀行・信金、新卒採用が18%増の1万2000人台 コロナ前回復
横浜銀、サーチファンドで2案件成立 後継者に悩む中小企業支援
写真撮影に応じる(左から大木暁・常務執行役員本店営業部長、山根孝・NSF代表取締役、矢嶋氏、松谷氏、片岡頭取)

関連キーワード

労組・従組 人事制度 給与

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)