都内12信組、企業再生の支援制度活用 23年度実績150件見込む

2024.02.09 04:30
人材紹介 事業再生支援 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東京都内12信用組合による「企業再生支援制度」の利用が、2023年度実績で150件を超える見込みだ。東京都信用組合協会(柳沢祥二会長=大東京信用組合会長)が運営する同制度は、都信協が費用を負担して信組と中小企業診断士による連携を後押しするもの。地域・業域の信組が毎月10~15件活用している。
同制度で派遣される診断士は、東京都中小企業診...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

全東栄信組、取引先社長がプレゼン 商品PRしマッチングへ
洗浄剤ルーシーミストを紹介するハッシュの浅川社長(11月21日、東京都台東区の東天紅)
大東京信組、新現役交流会を開催 77人が112件の面談
新現役からヒアリングする企業側担当者(右、10月4日、大東京信組本店)
【実像】中小企業の人材不足解消へ 存在感高める信金・信組
営業店の日程を確認し、提案先を話し合う玉島信金の職員(9月15日、本店)
寸言 内田通郎・大東京信用組合理事長

関連キーワード

人材紹介 事業再生支援 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)