外貨保険の販売体制、地域銀の3割が見直し 比較推奨などルール化

2024.02.09 04:45
投信 保険・共済 アンケート
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地域銀行の3割が、外貨建て保険の販売体制を見直す。地域銀行99行を対象に本紙がアンケートした結果、32行が「今後見直す予定」と回答した。「すでに見直した」地域銀も32行におよぶ。商品の比較推奨をはじめとする販売時のルール変更や、販売ツールの拡充・研修内容などにまで見直しの流れが出てきている。
販売時のルール変更が見直しの柱のようだ。他の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

鹿児島銀小林支店、協調融資へスピード対応 「中継役」担い意思疎通円滑に
ひいらぎHD本社内のバーカウンターで談笑する柊崎社長(左)と安水支店長(3月25日)
鹿児島銀、酒気検知「Noruどん」アプリ独自開発 外販も計画
アルコール検知器を使い実演する行員(4月23日、本店別館)
鹿児島銀、日常業務に生成AI ネット接続せずに利用
宮崎銀、「累進配当」を導入 増配と自己株取得も発表

関連キーワード

投信 保険・共済 アンケート

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)