りそな銀阿倍野橋支店、経済活動再開で融資73億円 商流理解し迅速に提案

2024.02.07 04:40
手数料 貸出・ローン 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
多くの案件情報が交錯するなか、誰が何をするか指示をする(1月24日、阿倍野橋支店)
多くの案件情報が交錯するなか、誰が何をするか指示をする(1月24日、阿倍野橋支店)
りそな銀行阿倍野橋支店(木村亮介支店長=行員23人うち得意先7人)は、取引先の商流を理解し「期待を上回るスピード」で提案。アフターコロナで経済活動が一斉に再開するなかで、シンジケートローン(シ・ローン)や不動産仲介、信託業務などの法人ソリューションで成果を上げている。2023年度は12月末までに73億円の融資を実行した。
同店は、大阪の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行界、管理職の「対話力」磨く 役割、部下指導へシフト
りそな銀では人財サービス部が他部署と連携し、ミドル層の役割見直しと必要なスキルの議論を始めた(同行提供)
おくやみ 国定 浩一氏が死去 元大和銀専務
人事異動 りそな銀行(2024年1月12日)
りそな銀綱島支店、信託活用し資産家開拓 成果共有が活力源
毎朝の10分間ミーティングでは支店長の事例解説が好評(23年12月20日)

関連キーワード

手数料 貸出・ローン 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)