飯能信金、業界初の窓口支援システム タブレット完結で効率化

2024.02.06 10:20
事務効率化 CS
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
来店客にタブレット操作の仕方を説明する職員(右、2月5日、入曽支店)
来店客にタブレット操作の仕方を説明する職員(右、2月5日、入曽支店)
飯能信用金庫(埼玉県、松下寿夫理事長)は2月5日、タブレット完結型の営業店窓口支援システムを導入した。これまでは、顧客側がタブレット、テラー側は営業店端末(TM端末)を操作して事務処理をしていたが、一部取引を除き、顧客のタブレット操作で事務処理が完結する仕組みとなった。同システムは「信用金庫業界で初の導入」(松下理事長)。同日、新築移転し...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

飯能信金など、川越でサツマイモの祭典 3日間で3万人来場
飯能信金は城西大学とブースを共同出展。三田支店長(右)は商品販売をサポートした(2月10日、蓮馨寺)
飯能信金、塗装メーカーと協定 脱炭素・DXで地域貢献
パートナーシップ協定を結んだ窪井社長(左)と松下理事長(2023年12月27日、本店7階)
飯能信金、親子駅伝大会を開催 駿河台大学生のアイデア実現
親子でタスキをつないだミニ駅伝大会(10月21日、同大陸上競技場)
飯能信金、SDGs私募債で寄贈式 「質の高い教育」支援
贈呈式に出席した細田専務(左)、長沼商事の長沼浩社長(左から3人目)、城西大の藤野陽三学長(右)(9月29日、城西大学坂戸キャンパス)

関連キーワード

事務効率化 CS

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)