3メガGの4〜12月期、純利益65%増加 全社が過去最高益に

2024.02.05 17:43
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
3メガバンクグループの2023年4~12月期決算が2月5日、出そろった。3社合算の連結純利益は前年同期比65.4%増の2兆7331億円になった。みずほフィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(FG)の3社とも4〜12月期では過去最高益になった。低採算アセットの削減など収...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 三井住友フィナンシャルグループ(2024年3月31日、4月1日、6月1日・27日)
三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
サステナ金融の拡充へ 吉原・みずほリサーチ&テクノロジーズ社長
環境NGO3団体、3メガGに環境提案 取締役会の監督能力問う

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)