川崎信金、認知症と相続の対応強化 本部職員がマンツーマン研修

2024.02.06 04:45
人材育成 高齢者取引 相続
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
川崎信用金庫(川崎市、堤和也理事長)は、顧客の認知症や相続トラブルへの対応を強化している。本部職員が全営業店を訪問し、各店1人ずつマンツーマンで一日研修を実施。支店職員の知識を向上させ、高齢者支援の基盤強化を目指す。
研修を担当するのは、お客さまサポート部の吉田英和さんと宮内京子さん。2023年7月から活動を進めており、24年3月までに...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

川崎信金、落語で相続・認知症学ぶ セミナーに50人参加
落語を披露するこころ亭久茶さん(2月28日、川崎市内)
川崎信金など、4信金で知財マッチング オンラインで活用広げる
オンラインイベントの様子(2月6日、川崎市内)
川崎信金、「香辛子」を川崎名物に 大学・市と事業者つなぐ
香がらしろっぷのソーダ割りを勧める杉田さん(1月29日、川崎市)
川崎信金、営業店にスーパー併設 支店建て替え25年完成予定
完成予想イラスト

関連キーワード

人材育成 高齢者取引 相続

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)