茨城県信組、3.9%の賃上げ 初任給もアップ

2024.02.02 18:19
給与
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
茨城県信用組合(茨城県、渡邉武理事長)は4月1日、賃金と初任給の引き上げを実施する。賃上げは、2023年度比で定期昇給分を含め平均約3.9%。初任給は最大で月額3万2000円引き上げる。物価上昇への対応、業務への貢献意欲向上、将来を担う人材の確保が狙い。
賃上げ、初任給引き上げとも、16年4月以来8年ぶり。
初任給の引き上げ幅は、3万...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

茨城県内5金融機関 M&A・承継支援で一丸 案件情報集約し共同推進 後継難解消、雇用維持へ
協定書を手にする(左から)結城信金の能島理事、筑波銀の生田頭取、常陽銀の秋野頭取、水戸信金の酒井常務理事、茨城県信組の渡邉理事長(3月1日、茨城県水戸市)
茨城県信組、中小機構と組み伴走人材育成 JR系へ「食の拡販」で成果 商談支援など8人が1年間
研修生も同行したJR東日本グループの高級スーパー「紀ノ國屋」との商談会(23年6月14日、東京都新宿区)
金融界の賃上げ、春闘本格化前に早期表明 労組ベア3%要求議論
茨城県信組、二十歳を迎え気持ち新た 職員6人祝福の「成人式」
渡邉理事長(左)を前に、感謝の気持ちと決意を述べる田沼さん(中央、1月5日、本店)

関連キーワード

給与

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)