八十二銀、CNガス導入開始 新潟の直江津支店で

2024.02.02 17:53
脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

八十二銀行は2月2日、新潟県の直江津支店でカーボンニュートラル(CN)ガスを導入した。同店で使用するガスの全量をCN化し、二酸化炭素排出量を年間約10トン削減する。


CNガスは、ガスの採掘から燃焼までの全工程で発生する温室効果ガスを、森林保全プロジェクトなどによって創出されたカーボンクレジットで相殺したもの。今回、上越市ガス水道局から調達した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

八十二銀の非対面営業チーム、小口融資先や勤労者と接点 現場連携で裾野拡大
長野市の本店内に拠点を置き、2月に体制を強化したお客さまコンタクトチーム(2月16日、本店)
八十二銀子会社、地域脱炭素化を促進 民間企業に電力供給開始
電力供給を開始したみすずコーポレーション北アルプス大町工場
人事異動 八十二銀行(2024年2月1日)
人事異動 八十二銀行(2024年2月13日)

関連キーワード

脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)