京都信金、「課題解決型店舗」を拡大 6月に20カ店増やし21カ店に

2024.02.02 17:35
地方創生 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
新築移転オープンした大津支店(1月22日)
新築移転オープンした大津支店(1月22日)
京都信用金庫(京都市、榊󠄀田隆之理事長)は、6月3日から「課題解決型店舗」を現在の1カ店から21カ店に拡大する。
「町おこし」を主要業務に据えるのが通常店舗との違いで、2022年11月に膳所支店で先行実施。今回対象になったのは、京都市内エリアが岩倉支店など11カ店、京都市以外の府内エリアは松井山手支店など5カ店、滋賀県エリアは大津支店な...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金など、アトツギ育成に奔走 「甲子園」決勝決まる
京都信金、飲食・宿泊業向けふるさと納税セミナー開催
参加者に説明する京都市行財政局ふるさと納税担当課長の二宮課長(左)と伊藤係長(2月26日、QUESTION)
【実像】活発化する社会課題解決型事業 金融はどう応えるか
銀行界、社内SNSの活用浸透 見えづらい貢献に〝光〟
京都信金は社内SNSを活用し、部署の垣根を超えた職員の交流を図っている(京都信金提供)

関連キーワード

地方創生 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)