中日信金、ボトムアップでパーパス制定

2024.02.01 19:15
ES 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
中日信用金庫(名古屋市、冨田勝理事長)は2月1日、組織の存在意義を示す「パーパス」を公表した。入庫2年目の職員も制定メンバーに加え、庫内にボトムアップの風土を醸成している。
パーパスは「『 想いをつなぐ 共につくる未来 』Connect the Mind Create the Future」と制定。経営理念の最重要概念に位置付け、202...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

リベラシオンコンサルティング、「収益重視型」で成果 信金界に特化し好循環生む
24年度から導入した中日信金の冨田勝理事長(右)に金庫経営について助言する金澤社長(4月5日、中日信金本部)
人事異動 中日信用金庫(2024年4月1日)
中日信金、育休者の職場に応援手当 時短勤務対象は小学校修了に拡大
中日信金、元銀行員に学ぶ工場の見方 新人研修刷新で目利き重視
中日信金の新人職員に製造手法を説明する鴨井専務(2月9日、西批工業)

関連キーワード

ES 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)