鹿児島銀、地域課題の解決目指す デジタル化協議会が発足

2024.01.31 19:58
DX 地方創生
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島銀行は1月31日、鹿児島市や鹿児島大学、地域企業などと「かごしまデジタルスマートシティ推進協議会」を発足させた。産学官金が協働し、デジタル技術を活用した価値創出と社会課題の解決を通して鹿児島のデジタル化に取り組む。
デジタルやデータを使ったサービスの提供や都市機能の効率化を目指す。重点領域として、①デジタルで稼げる人材の育成やデジ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 鹿児島銀行(2024年2月17日)
再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
鹿児島銀、融資契約書を電子化 事業者負担やコスト軽減
鹿児島県内金融機関、事例共有し連携深化 よろず拠点の発表会参加
よろず拠点との連携事例を説明する南日本銀の松元氏(2月16日、鹿児島市内)

関連キーワード

DX 地方創生

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)