京都中央信金、能登半島地震復興定期の取扱い開始

2024.01.31 18:44
預金 防災・復興
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

京都中央信用金庫(京都市、白波瀬誠理事長)は、2月1日から「令和6年能登半島地震」復興支援定期預金の取扱いを開始する。預け入れ総額の0.02%相当額、最大1000万円を被災地に寄付する。募集額は500億円。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、経産省のDX認定広がる  内外に取り組みPR
人事異動 京都中央信用金庫(2024年2月1日)
京都中央信金、定年を65歳に引き上げ
京都中央信金、市場支店建て替えで地鎮祭
市場支店の完成予想パース

関連キーワード

預金 防災・復興

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)