めぶきFG、逸品売り込む「食の商談」開催 出展146社・来場1000人

2024.01.30 18:51
イベント マッチング支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
蒸したタコの試食を勧める出展社(1月30日、茨城県つくば市のつくば国際会議場)
蒸したタコの試食を勧める出展社(1月30日、茨城県つくば市のつくば国際会議場)

めぶきフィナンシャルグループ(FG)の足利銀行と常陽銀行は1月30日、茨城県つくば市のつくば国際会議場で「食の商談会」を開催。栃木県と茨城県の農業、水産加工、食品関連事業者ら146社が出展し、バイヤーに向けて味わいや加工技術、製造体制などをアピールした。


来場はおよそ1000人。バイヤーは首都圏の商社のほか、スーパーマーケット、百貨店、外食、輸出事業者などエントリーベースで59社。商談は予約分を含め計220件に上った。


会場には、トマトやイチゴ、きくらげ、卵といった生鮮食品、ジャムや梅干し、あんこう鍋セット、ネギニラ餃子などの加工食品、凍結おせち料理、干しイモや生乳ソフトクリーム、ご当地ワイン――が勢ぞろい。試食品やパンフレットを手にした売り込みと、製法や生産環境、価格などを細かく質問するやりとりが続いた。


このほか、容器や包装、食品残さ処理時のコストやCO2排出を削減する機器をテーマにした事業者も参加した。茨城・栃木県の両信用保証協会も共催出展し、DXやSDGs、農業、創業などをサポートする保証制度を紹介。後援の日本貿易振興機構(JETRO)は、海外展開で実績のある事業者とのビジネスマッチングを後押しした。


めぶきFGの秋野哲也社長(常陽銀頭取)は、「両県は食の宝庫。販路やチャンスが広がることを期待している。国内のみならず、海外の方々にも味わってほしい」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

めぶきFG、創造的事業プランを表彰 コンテストで25社が入賞
最優秀賞に輝いたサーマリティカ社の小沼代表(右)とめぶきFGの秋野社長(2月20日、水戸京成ホテル)
地銀8行、ストラクチャードファイナンス協議会設立 持続可能な地域を実現へ
めぶきFG、純利益12%減の235億円 4~9月期
決算発表を行う秋野哲也社長(11月10日、足利銀行本店)
人事異動 めぶきフィナンシャルグループ(2023年10月23日)

関連キーワード

イベント マッチング支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)