みずほ銀、AIで有証投資1000億円 予兆システムを内製化へ

2024.02.01 04:50
AI システム 有価証券運用
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
みずほ銀行は、大量のテキストデータを人工知能(AI)で読み込む自然言語処理の技術を用いた予兆検知システムを内製化し有価証券投資を進める。金利修正など投資環境の変化が激しいなか、運用収益の安定化とノウハウの蓄積を目指す。2024年度に約40兆円の有価証券残高のうち1000億円規模での投資も検討する。
23年10月までに、景気の良しあしやイ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 みずほ銀行(2024年4月1日)
みずほ銀とリバネス、スタートアップ支援で連携 新興の海外挑戦支える
(左から)立会人の出雲充・ユーグレナ社長、リバネスの丸グループCEO、みずほ銀の金田執行役員、立会人の小橋正次郎・KOBASHI HOLDINGS社長(4月12日、大田区産業プラザPiO)
みずほ銀、僚店間で事務業務融通 繁閑差利用し人手不足補う
みずほ銀とみずほ証券、M&A助言会社に出資 日本経営システムと協業

関連キーワード

AI システム 有価証券運用

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)