埼玉県信金、「みそぽてコッペ」を名物に 産学官連携で開発・販路支援

2024.02.04 04:45
提携・連携 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
開発したパンを女子栄養大の学生が試験販売する様子(1月27日、ウニクス秩父シネマ棟北側駐車場)  
開発したパンを女子栄養大の学生が試験販売する様子(1月27日、ウニクス秩父シネマ棟北側駐車場)  
埼玉県信用金庫(埼玉県、池田啓一理事長)は、産学官連携で秩父名物「みそぽてと」を使った「みそぽてコッペ」の開発や販路開拓を支援している。1月27日に5年ぶりとなる祭り「秩父はんじょう博」で試験販売。今後、道の駅や産業センターなど信金のネットワークを活用して販路拡大を支援していく。
みそぽてコッペの開発は、2022年10月に秩父支店の取引...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

埼玉県信金大間木支店、〝つなぐ〟実践し上期全店1位 個社ニーズを管理表で共有
小山ゴルフバック製作所の小山光夫代表(左)と海外販路について情報交換する山口支店長(1月25日、さいたま市南区)
人事異動 埼玉県信用金庫(2024年2月1日)
信金、民都機構との連携加速へ 共同ファンドでまちづくり
信金中金は「まちづくり地域活性化セミナー」をオンラインで開催した(12月20日、本店)
埼玉県信金、西部エリア50人が産学連携学ぶ 東洋大工業技研を視察 
東洋大工業技術研究所で研究内容の説明を受ける信金職員ら(11月27日、埼玉県川越市)

関連キーワード

提携・連携 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)