荘内銀、JICA事業の採択で取引先支援 アフリカの製水装置ニーズ調査に

2024.01.29 17:57
SDGs 海外取引支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
荘内銀行は1月29日、国際協力機構(JICA)の「中小企業・SDGsビジネス支援事業」への取引先企業の案件申請を支援し、「地域金融機関連携案件」として初めて採択されたと発表した。採択されたのは、電気工事や電気通信工事の設計、施工などを手がける渡会電気土木(鶴岡市)で、事業は、アフリカ地域の電気も水源もない場所で、空気から飲料水をつくる製水...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、店舗戦略 二極化へ 「金利ある世界」で見直しも
北都銀と荘内銀、合併検討を開始 「地域と成長する広域地銀」へ
荘内銀と北都銀の合併について説明する新野正博フィデアHD社長(中央、1月25日、フィデアHD本社)
人事異動 荘内銀行(2024年2月13日)
荘内銀、SLLを初組成 不動産業者と融資契約

関連キーワード

SDGs 海外取引支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)