福島銀、こども寄附金に100万円 累計1000万円超

2024.01.29 17:50
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
内堀知事(右)に目録を贈る加藤社長(1月29日、福島県庁)
内堀知事(右)に目録を贈る加藤社長(1月29日、福島県庁)

福島銀行は1月29日、福島県の東日本大震災ふくしまこども寄附金に100万円を寄付した。原資は、2022年11月~23年9月に取り扱った、子ども未来定期預金「わくわくくじらネクスト」の残高の0.01%相当額(上限100万円)を充当した。寄附金は、被災や避難で不便を強いられている子供への支援事業などに活用される。


福島県庁で開催された式典で、加藤容啓社長は「100周年記念事業で取り扱い、契約者には抽選で福島県産品を贈る人気商品で122億円が集まった」、内堀雅雄知事は「福島銀には今回を含め1000万円を超える寄付を頂いた。同事業では、子供へのさまざまな体験学習も行っており、プレゼンテーション能力の向上につながっている」と語った。


式典では、同行公式キャラクター「はまなか あい」のお披露目も行った。女子園児をモチーフに、名前は福島県の大区分である浜通り、中通り、会津から一文字ずつ取った。11年12月に社員がオリジナルで制作し、非公式キャラとして活躍。23年10月に商標登録が完了、24年1月に公式キャラとなった。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

福島銀、窓口行員を渉外担当に 研修で提案業務学ぶ
ロープレで投信販売を学ぶ受講生ら(1月19日、本店)
人事異動 福島銀行(2024年2月1日)
福島銀、取引先のDX化支援 東北コピーなどと提携
人事異動 福島銀行(2024年1月1日)

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)