東邦銀、福島国際研究教育機構と提携 研究の事業化実現を支援

2024.01.25 20:06
提携・連携 地方創生
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
協定を交わす佐藤頭取(右)と山崎理事長(1月25日、東邦銀本店)
協定を交わす佐藤頭取(右)と山崎理事長(1月25日、東邦銀本店)
東邦銀行は1月25日、福島復興再生特別措置法に基づき、特殊法人「福島国際研究教育機構(エフレイ)」と包括連携協力協定を締結した。エフレイは福島県浪江町に本部を置き、福島や東北の創造的復興を目的とした研究施設を運営する。今後7年間で被災地など過酷環境に対応するロボット、農林水産業のスマート化など約50の研究に着手する予定。エフレイが民間企業...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、進む「経営者保証なし」融資 9行が30ポイント超上昇
東邦銀、基幹システム共同化完了 TSUBASA稼働
東邦銀 福島県内初のSLL組成
締結を交わす吉田哲治常務執行役員いわき営業部長(左から2人目)と小峰良介・山木工業代表取締役(同3人目、12月15日、いわき営業部、東邦銀提供)
東邦銀、税公金収納事務の見学会 地公体職員が理解深める
納付書のチェック作業の様子を見学する地公体職員(12月12日、事務センター)

関連キーワード

提携・連携 地方創生

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)