北都銀と荘内銀、合併検討を開始 「地域と成長する広域地銀」へ

2024.01.25 20:28
経営統合・合併
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
荘内銀と北都銀の合併について説明する新野正博フィデアHD社長(中央、1月25日、フィデアHD本社)
会見する新野正博・フィデアHD社長(中央)、松田正彦・荘内銀頭取(左)、伊藤新・北都銀頭取(1月25日、フィデアHD本社)
北都銀行と荘内銀行が、2026年度中の合併へ向けて検討を進めることを決めた。新銀行の本店所在地や新名称は、今後設置する合併準備委員会で検討する。合併で両行のノウハウを融合させ、スケールメリットの拡大も生かしながら「地域のために地域とともに成長する新しい広域地方銀行」を目指す。
合併を決めたタイミングについて、新野正博・フィデアホールディ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、店舗戦略 二極化へ 「金利ある世界」で見直しも
人事異動 荘内銀行(2024年2月13日)
人事異動 荘内銀行(2024年1月1日)
フィデアグループ、脱炭素の普及・促進へ 環境事務所と連携
協定を結び手を重ねる(左から)伊藤新・北都銀頭取、田村所長、新野・フィデアHD社長、松田正彦・荘内銀頭取(12月14日、フィデアHD会議室)

関連キーワード

経営統合・合併

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)