群馬銀、顧客接点づくりにDM奏功 チューリッヒ保険と連携で

2024.01.25 04:50
提携・連携 保険・共済 顧客管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
群馬銀行は、コンタクト機会が乏しい預金顧客に対しチューリッヒ保険との連携による接点づくりが実を結んでいる。主に傷害保険のダイレクトメール(DM)を送付。2020年11月にはテレマーケティング(TM)も織り交ぜ、40%の確率で本人とコンタクトが取れるようになった。これを基盤に個人相談プラザへ誘致。新しい少額投資非課税制度(NISA)や保険、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

外貨保険の販売体制、地域銀の3割が見直し 比較推奨などルール化
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
人事異動 群馬銀行(2024年2月1日)
群馬銀・第四北越銀、池袋支店を移転開店 アライアンスの一環で
テナントとして入居する石川建設の役員を案内する群馬銀の深井頭取(左)と第四北越銀の殖栗頭取(右、1月22日、群馬銀行池袋ビル)

関連キーワード

提携・連携 保険・共済 顧客管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)