信金界、投信販売の効率化急ぐ 「資産ナビ」機能拡充

2024.01.20 04:40
投信 事務効率化 システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
信用金庫業界は、投資信託販売業務の効率化を急ぐ。信金中央金庫は、タブレット端末で対面販売手続きを簡素化できる「しんきん預かり資産ナビ」の機能を相次ぎ拡充。投資ニーズが高まり業務が増える一方、人員に限りがあるなか、職員の負担削減に向けた体制整備を進めている。
同ナビは、入力した顧客情報に合わせて適切な投資商品の提案や、商品説明などを支援す...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 信金中央金庫(2024年6月21日)
信金中金、長野県上田市で紺綬褒章伝達式 上田信金など出席
紺綬褒章を受け取った安間部長(左)と土屋市長(右)(6月27日、上田市役所)
信金中金、タイへ販路拡大支援 現地に試験販売拠点
試験販売拠点「縁結び」は、バンコク中心部のビル「インターチェンジ21」内に設置した(信金中金提供)
信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保

関連キーワード

投信 事務効率化 システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)