日経平均4万円を試す、24年の日本株見通し カギは「企業変革」

2024.01.07 04:40
株式市場
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
株式市場の見通しを語る(左から)中田・大和証券G本社社長、奥田・野村HDグループCEO、近藤・SMBC日興証券社長
株式市場の見通しを語る(左から)中田・大和証券G本社社長、奥田・野村HDグループCEO、近藤・SMBC日興証券社長
2024年の日本の株式市場は、1989年12月につけた日経平均株価の史上最高値(3万8915円)超えを試す歴史的な瞬間が訪れるかもしれない。大手証券トップによる新年の株式見通しでは「日経平均4万円」という強気の予想が相次いだ。
23年は日経平均の年間上昇率が28%を超え、海外投資家から日本株の評価が見直された。ただ、日本株の変化に対する...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

野村HD、海外クレジットのニッチ狙う 債券アクティブ運用強化
スペシャルティ・クレジットの魅力を語る南村部門長
ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い
SMBC日興証券、パラオ財務大臣の視察受け入れ
視察に訪れたウドゥイ財務大臣(右、3月29日、同証券本店)
【特集】四国で広がる地域銀・証券連携 顧客の資産運用を一手に 
提携後3年間の総括と今後の施策について検討する阿波銀の行員と野村の出向者(3月5日、阿波銀本店、同行提供)

関連キーワード

株式市場

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)