荘内銀、SLLを初組成 不動産業者と融資契約

2023.12.28 18:11
貸出・ローン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

荘内銀行は12月28日、不動産業者のライフパートナー(山形県)と荘銀サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)の融資契約を締結した。顧客が設定したSDGs(持続可能な開発目標)達成状況に応じて金利を優遇する制度で、同行として初実行となった。


融資金額は9000万円で、サステナビリティ目標には有給休暇取得率の向上を掲げた。SLLは数値目標を掲げる先との親和性が高いことから、それらの先へ積極的に案内。ライフパートナーは、以前から働きやすい職場環境づくりに取り組んでおり、指標を設けていたことから実行に結びついた。


同行と北都銀行を傘下に持つフィデアホールディングス(HD)は、2021~30年度にかけてサステナ融資を4000億円実行する目標を掲げている。両行は5月、SLLとグリーンローンの取り扱いを開始。グリーンローンは9月に第1号案件があがっており、「順調に進ちょくしている」(荘内銀営業推進部)という。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

荘内銀、「ことら送金」取り扱い開始
人事異動 荘内銀行(2024年4月1日)
東西ペンリレー やまがたと言えば〇〇
荘内銀、市文化会館のネーミングライツ更新
署名式で撮影に応じる(左から)皆川治・鶴岡市長、松田頭取(3月11日、鶴岡市、提供写真)

関連キーワード

貸出・ローン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)